腸内

腸内環境を整えるのに役立つ日本食

乳酸菌を利用して腸内環境を整えたいならば、日本食が最適なのです。
日本食が健康に良い効果を発揮することは多くの方がご存知でしょう。
その理由の一つとなっているのが、腸内環境に良い影響を与えることなのです。

日本食には発酵食品として乳酸菌が含まれているものがあります。
たとえば、みそや醤油は発酵食品ですし、つけものや日本酒などもそうです。
これらは植物性乳酸菌が含まれていて、これは腸内まで達しやすくなっています。

植物性乳酸菌は日本人にとっては昔から馴染みがあります。
実はヨーグルトなどを食べるよりも、植物性乳酸菌を多く含んでいるものを食べる方が効果が大きいという説もあるぐらいです。
日本人は日本食に合った体を持っているので、やはり日本食を中心とする食生活を送ることはとても大切なことなのです。

近年は食の欧米化が進んでいますが、これは悪玉菌にとってはかなり好都合なのです。
悪玉菌はタンパク質や脂質などをエサとするので、欧米的な食事を日本人がすることはあまり好ましくはないのです。
実は味噌や醤油を食べるだけでも乳酸菌を摂取することは可能です。

また、納豆にも豊富に乳酸菌が含まれています。
したがって、日本人は普段の食事から自然と乳酸菌を摂取することが可能となっているのです。
また、日本食は日本人にとっては消化のしやすい物が揃っています。

それによって、消化吸収の効率が上がり、快便にも繋がるでしょう。
便をきちんと出すようにすることは腸内環境を整えるためにはとても意味のあることです。
普段の食生活を見なおして、できるだけ伝統的な日本食を食べる生活に戻すようにしましょう。

もちろんヨーグルトなどを摂取することも大切なのですが、自分達が子供の時から親しんできた日本食にもたくさん乳酸菌が含まれていることは忘れないようにしましょう。
意識せずとも乳酸菌を摂取する生活をずっと送ってきたのです。
腸内環境を整えれば気分も良くなります。
みなさんも毎日乳酸菌で腸内環境きれいに整えましょう。

このページの先頭へ