腸内

たくさんの種類がある乳酸菌

乳酸菌には色々な種類があります。
そもそも、乳酸菌という名称は乳酸発酵を行う菌を総称して付けられたものなので、一つの種類の菌を表しているわけではありません。
この中には色々な菌が含まれているのです。

そのため、発酵食品の種類によっても、含まれている乳酸菌は異なることが多いです。
種類を知っておけば、それぞれの食品にどのような菌が含まれているのかを知ることができます。
乳酸菌の中でも最も有名なのがビフィズス菌です。

これは善玉菌であり、人の体の中にも大量に存在しています。
人間の腸内にはビフィズス菌がいるので、様々な効果を実感することができるのです。
ビフィズス菌は糖を分解してくれて、それによって腸内は酸性に保たれます。

酸性の環境というのは、病原性の細菌が繁殖しにくい環境となるので、腸内を清潔な状態に保つことができるのです。
ビフィズス菌は母乳によって、母親から子供に行き渡ります。
細菌では人口の栄養によって育てた子供にもビフィズス菌を与えるための工夫がしてあります。

乳酸菌の一種にヤクルト菌というのがあります。
これは日本人によって開発された菌です。
胃液などによって死滅されにくい菌であるため、腸まで届きやすくなっています。
もっと詳しく知りたい方はおなかの調子を整える乳酸菌についての記事も是非ご覧ください。

乳酸菌飲料にはこのヤクルト菌が多量に含まれているので、効率よく摂取することが可能となっています。
乳製品に含まれている乳酸菌として有名なLG21やシロタ株などについてはhttp://adamsblock.com/に詳しくまとめられています。

植物性乳酸菌というものがあります。
植物性の方が動物性よりも過酷な環境に対する耐性が強いので、腸まで無事に行き届かせることが可能です。
腸内では、ビフィズス菌を増殖させる効果を持っているので、結果的に腸内の善玉菌の数を増やすのに役立ちます。

これによって便通が改善されて、消化吸収も促進されます。
日本人は腸が長いので、植物性を摂取することはとても意味のあることです。
効率よく摂取するためには植物性を優先的に選択しましょう。
植物性の乳酸菌の種類はこちらに載っています。

乳酸菌は腸まで届かないと意味がありません。

腸内には善玉菌と悪玉菌が共存しあっています。
この2つのそれぞれのはたらきがこちらに載っていますのでご覧ください。

このページの先頭へ