腸内

植物性乳酸菌の種類について

植物性乳酸菌は胃酸への耐性があり、過酷な環境に耐えられることはよく知られています。
したがって、植物性乳酸菌を摂取することで、効率的に乳酸菌を自分の体内に取り入れることができるのです。
そんな植物性乳酸菌には色々な種類があります。

植物由来の乳酸菌の総称が植物性乳酸菌であり、これらを積極的に摂取することが健康への近道となるでしょう。
まず、ラクトバチルス・プランタラムという乳酸菌があります。
これは日本だけではなくて世界中で用いられています。

ぬか漬けなどに多量に含まれていて、韓国のキムチにもこれが含まれています。
他にはラクトバチルス・ブレビスという乳酸菌があります。
これも漬物を作るために利用されることが多い乳酸菌です。

これらの乳酸菌が発酵されることにより、発酵食品が得られるのです。
テトラジェノコッカス・ハロフィルスという乳酸菌は日本では味噌に多く含まれています。
塩分に対して強いので、味噌の中でも生存することができるのです。

他には、ベディオコッカス・ペンとサセウスという乳酸菌も存在しています。
これの乳酸菌も塩分に強くて、野菜の臭さを消す効果があります。
植物性乳酸菌というのは、単に健康に良いだけではなくて、食品に風味を与えたり、食べやすくする効果も持っているのです。

また、ラブレ菌という乳酸菌もあります。
この乳酸菌も非常に強い菌であり、生きたままの状態で無事腸内まで到達することができます。
すぐき漬けの中に含まれています。
京都の漬物の中でも特に酸味の強いのがすぐき漬けです。

このように昔から親しまれてきた発酵食品の中から新たな乳酸菌が発見されるようなことも珍しくはありません。
日本人として生活をしていれば、色々な場面で植物性乳酸菌を摂取する機会があります。
一度、普段の食生活を見なおしてみて、どれだけ植物性乳酸菌を摂取できているのか考えてみましょう。
もし、あまり摂取できていないようならば、食生活を見なおしてみた方が良いでしょう。
また、忙しい毎日を送っている現代人のみなさんには手軽に乳酸菌が摂れるサプリメントタイプも良いでしょう。

このページの先頭へ