腸内

乳酸菌はいつ摂取すればいいの?

乳酸菌を摂取するのがいいと言われていますが、それでは一日のどのタイミングで摂取をするのが一番良いのでしょうか。
これはかなり悩んでしまう選択となるでしょう。
これを解決するためには、乳酸菌をいかにして元気な状態のまま腸まで届けるのかを考える必要があります。

乳酸菌にとってネックとなるのは、胃酸によって溶かされるかもしれないことです。
胃を無事に切り抜けることができれば、後は腸までスムーズに進んでいくことが可能でしょう。
したがって、胃酸が少ない状態の時に摂取するのが一番良い方法であるということになります。

胃酸は空腹時にはかなり大量に生成されているので、そんな時に摂取したとしても、すぐに全て死滅してしまうでしょう。
したがって、食事の最初の方に乳酸菌を摂取しない方が良いです。
できれば、食後に摂取するのが一番良いでしょう。

たとえば、食後にヨーグルトを食べることは多いですが、あれは乳酸菌の性質を考えるとかなり理にかなった行動なのです。
また、サプリメントで乳酸菌を摂取するのであれば、当然食後が一番良いでしょう。
また、食物繊維などと一緒に摂取すると効率よく乳酸菌を摂取できると言われています。
したがって、食事の時に野菜などをたくさん食べるようにして、一緒に乳酸菌が含まれた食品を食べることが最も良い方法となるでしょう。

一番いけないことは空腹時に摂取することです。
逆に考えると、これを避けてもらえばどのタイミングで摂取したとしても腸まで無事に届いてくれる可能性はかなり高くなります。
また、植物性の乳酸菌や胃酸にも耐えることができる乳酸菌の場合は、一日のどのタイミングで摂取をしたとしても、変わらずに腸まで届けることができます。
動物性と植物性乳酸菌の違いはこちらに詳しく載っているのですが、植物性の方が胃酸に強いため腸内まで生きて届きやすいです。
したがって、それほど摂取をするタイミングを気にする必要は無いかもしれません。
あまり神経質になりすぎると胃酸が過剰に分泌されることもあるので、注意をしましょう。

このページの先頭へ