腸内

赤ちゃんのお腹には乳酸菌がいっぱい

赤ちゃんはまだまだ体が発達していないので、とても弱い存在です。
しかし、元気に生活をしている赤ちゃんはたくさんいます。
その理由の一つは赤ちゃんのお腹の中にたくさんの乳酸菌が生息しているからです。

乳酸菌が健康に対して様々な方法で良い影響を与えていることは多くの方が知っているでしょう。
赤ちゃんはお母さんから母乳を通じて乳酸菌をたくさん受け取っています。
この乳酸菌の働きのおかげで、健康でいられるようになるのです。

出産した直後の赤ちゃんは無菌状態です。
お母さんの体の中にいたのだから当然のことです。
しかし、無菌状態はすぐに解消されて、赤ちゃんの体の中には様々な菌がすぐに侵入してきます。

その中には大腸菌などの菌が混じっています。
これらの菌はお腹の中ですぐに増殖していきます。
もし、このまま悪玉菌だけが赤ちゃんの中で増えてしまうと大変です。

しかし、実際には母乳などから乳酸菌を取り入れているので、この乳酸菌がすぐに悪玉菌の活動を抑えてくれるようになります。
赤ちゃんのお腹の中に存在している菌の9割は善玉菌である乳酸菌です。
この乳酸菌が赤ちゃんを体の内側から守ってくれます。

この乳酸菌を維持するためには、母乳を飲むのが一番良いです。
母乳の中には乳酸菌のエサとなる物質しか含まれていません。
したがって、乳酸菌が優位な状態が崩れることは滅多にありません。

ただし、母乳以外の方法で赤ちゃんを育てている場合は、乳酸菌の量が不足していることが多いです。
その場合は、赤ちゃんに与える食べ物に注意をして、乳酸菌がきちんと含まれているものを食べさせるようにしましょう。
食べ物によって外部から乳酸菌を取り込まないと、自然に乳酸菌が発生することはありません。

赤ちゃんの健康を考えるのであれば、乳酸菌は必ず必要となる存在なのです。
全ての人間の腸の中には乳酸菌が含まれていて、我々人間は乳酸菌と共に生きている存在なのです。
赤ちゃんのためにも乳酸菌についての知識をきちんと持っていましょう。
おなかの調子を整えてくれる乳酸菌を毎日摂取して健康ライフをおくりましょう。

このページの先頭へ