腸内

加齢により腸内の乳酸菌は減るの?

乳酸菌の数には個人差がありますが、基本的に若い時ほど多くの乳酸菌が体内に生息している状態となっています。
そして、加齢とともに乳酸菌の数が減少してしまい、便秘気味になってしまったり、病気にかかってしまうリスクが増えてしまいます。
加齢をすると、腸の機能が衰えてしまいます。

それが乳酸菌にも悪い影響を与えてしまうことが多いのです。
免疫力も落ちてしまうので、どうしても悪玉菌が増えやすい状態となります。
そのような腸内環境が形成された結果として、乳酸菌が減ってしまうのです。

また、食生活も乳酸菌の数と大きく関係をしています。
大人になると不規則な食生活を送ることが多いです。
そのような食生活を長く続けていくことによって、徐々に乳酸菌の数が減ってしまうことはありえます。

食事の内容が異なるだけで、乳酸菌の数は大きく変化してしまうのです。
したがって、若い時から規則正しい食事を心がけることが大切です。
それによって、加齢による乳酸菌の減少を防ぐことができるようになります。

また、精神的なストレスによって、悪玉菌の数が増えることがあります。
特に中高年になると、様々な原因によって精神的なストレスが発生してしまう可能性が高いです。
ストレスは乳酸菌にとってはあまり好ましいものではありません。

悪玉菌の数が増えてしまうので、しだいに乳酸菌を脅かすような存在になります。
乳酸菌の数の減少はこのように様々な原因が関わっているのですが、加齢にしたがって減少をしていく人は多いです。
若い時は特に乳酸菌に気を使わなくても、体の中の乳酸菌の数が減ることは少ないです。

しかし、加齢とともに、乳酸菌を減少させる要因の数が増えていくことが多いので、気をつけましょう。
年を取るほど自分の健康に関しては意識的になる必要があります。
中高年になってから後悔するよりは、若い頃から乳酸菌の数を維持するための生活をしていく方が結果的には楽になります。
乳酸菌の数を増やしましょう。
また、乳酸菌でアレルギー症状対策も期待できるので幅広い効能で注目されています。

このページの先頭へ