腸内

植物性乳酸菌は胃酸に強い

乳酸菌を摂取する時は通常は口の中から取り込みます。
食品であれ、サプリメントであれ、食道を通って、胃に達した後はそこで消化されて、最終的には腸にまで達します。
乳酸菌は腸内まで無事生きたままの状態で達することが大切です。

そうしないと乳酸菌は効果を発揮することができなくなるからです。
死んでしまった乳酸菌はそのまま分解されてしまうので、何の意味も無くなってしまいます。
しかし、乳酸菌の中には胃酸に弱いものが存在しています。

そもそも、胃酸はかなり強力な存在なので、乳酸菌の大部分は胃の中で死滅してしまうことが多いです。
特に動物性乳酸菌は胃酸に弱いので、摂取をしたとしても、それが腸まで達する割合が低いので効率が悪いです。
それではどのような乳酸菌を摂取するのが良いかというと、植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌は過酷な環境下でも生き延びることができるので、胃を通りそのまま腸まで元気な状態で達することができます。
胃酸はかなり強い酸性の環境となっているのですが、そのような環境の中でも植物性乳酸菌は平気なのです。
植物性乳酸菌が腸に達することができれば、それによって様々な恩恵を得ることができるでしょう。

腸内に存在する乳酸菌の数が増えれば、善玉菌の数が優勢になり、腸内の環境は整えられて、様々な機能を発するようになります。
植物性乳酸菌は漬物などに多く含まれています。
また、味噌や醤油など大豆を発酵させたものに含まれている乳酸菌も植物性のものです。

植物性乳酸菌は元々日本人にとっては馴染みの深い存在です。
そのため、純粋な日本食を続けている方の場合は、特別乳酸菌を摂取することを意識しなくても自然に摂取できていることが多いです。
しかし、最近の日本人は日本食を食べる機会が少なくなっているので、できるだけ意識的に日本的な食事を食べるようにしましょう。
それによって、健康に大きな効果を発揮するようになります。
日本人が長生きなのも日本食のおかげなのです。
また、乳酸菌の耐熱温度についても合わせてご覧ください。

このページの先頭へ