腸内

乳酸菌はどうやって摂取する?

乳酸菌のメリットが語られることが多いですが、そもそもどのような食品に含まれているのかを知る必要があります。
それを知らないと乳酸菌を摂取することができなくなってしまうので当然のことです。
発酵食品を作るために必要不可欠な菌なので、毎日食べているような食品にも含まれています。

まず、最も有名なものとしては、ヨーグルトやチーズがあるでしょう。
これらには含まれていて、パッケージなどにもきちんとそのことが宣伝されていることが多いです。
ただし、乳製品に含まれている種類は動物性乳酸菌です。
動物性乳酸菌について詳しくはこちら。

したがって、胃の中で胃酸により死滅してしまう可能性があります。
扱いには十分に気を付ける必要があります。

乳酸菌は生きているからこそ価値が有るのです。

死滅してしまうと、それが分解されてただ吸収されることになります。
それは避けるべきなのです。
他の食品としては、キムチやピクルス、つけものなどにも含まれています。

また、味噌や醤油などを作る時にも乳関わっているので、これらにも含まれています。
これらの食品の場合は植物性の乳酸菌となっているので、腸まで行きたままの菌が届きやすくなっています。
したがって、これらの食品を食べることによって、乳酸菌の摂取の効率を上げることが可能となっています。
ただし、特定の発酵食品ばかりを食べていたとしても栄養が偏ってしまい、摂取する種類も偏ることになります。

できるだけ多くの発酵食品を摂取することによって、効率よく乳酸菌を摂取することができるようになります。
また、摂取方法としてはサプリメントなどもオススメすることができます。
乳酸菌が含まれているサプリメントを飲むことによって、毎日無理なく摂取が可能となるでしょう。
このように色々な摂取方法があるので、自分の普段の生活に合うものを選択して、それによって乳酸菌を取り入れましょう。
オリゴ糖や食物繊維には乳酸菌を増やすはたらきがあるので、併せて摂ると良いでしょう。

このページの先頭へ