腸内

乳酸菌はどんな働きをするの?

乳酸菌は健康について調べていれば必ず話題になっているものです。
人間にとって様々な利点を与えてくれるのですが、この乳酸菌が具体的に人間に対してどのような働きをするのでしょうか。
それについてきちんとした理解をしている人は少ないでしょう。

そこで、乳酸菌の働きについて色々と紹介をしましょう。
働きの一つが病原菌から体を守ってくれることです。
人間が病気になってしまう原因とは、病原菌が体外から体内に侵入してきて、それが悪さをするからです。

乳酸菌の中には病原菌の増殖を抑えることによって、病気になるのを防いでくれるものがあります。
たとえば、赤ちゃんは母乳を飲むことによって、乳酸菌を体の中に取り込むのですが、この菌の働きによって赤ちゃんは滅多に病気にならずに済みます。
実際に、母乳で育った赤ちゃんの方が死亡率が低いというデータも出ているぐらいです。

もちろん、乳酸菌のこの働きは成人してからも続きます。
乳酸菌は腸内に大量に生息しているのですが、このおかげで腸が腐敗するのを抑えることができます。
腸内には便があり、これを悪玉菌が分解することによって様々な有害物質が生成されてしまいます。

乳酸菌はこの有害物質の生成を防ぐ働きを持っています。
これによって、腸内が常にキレイな環境に保たれるようになります。
また、乳酸菌の中にはビタミンを作り出すものが存在しています。

これらのビタミンを吸収することによって、栄養を補給することができます。
現代人はビタミンが不足しがちなのですが、乳酸菌の働きによって栄養のバランスを取ることが可能となるのです。
他には、乳酸菌が代謝をすることで生成した物質が腸の蠕動運動を促進する効果があることが分かっています。

この効果によって、便秘を予防することができて、快便を実現することができるようになります。
このように人間は乳酸菌の働きによって、様々なメリットを受けることが可能となっています。
これらのメリットにより、健康的な生活を送ることができるようになるのです。

このページの先頭へ