腸内

赤ちゃんは母乳から乳酸菌を摂取している

乳酸菌が健康に大事なことは多くの方が知っているでしょう。
しかし、そもそも人間の体の中には元々乳酸菌は存在しています。
したがって、わざわざ外部から取り入れなくてもある程度の乳酸菌が健康のために働いてくれているのです。

乳酸菌を摂取するのは、あくまでも体内にいる乳酸菌を補助するために必要なのです。
それでは、人間はいつどの段階で体の中に乳酸菌を取り入れたのでしょうか。
それはなんと赤ちゃんの頃なのです。

赤ちゃんはお母さんから母乳をもらってそれによって成長をします。
母乳には様々な成分が含まれています。
その中には乳酸菌も含まれています。

赤ちゃんの体の中には大腸菌などの悪玉菌も生息しているのですが、母乳から乳酸菌を摂取することによって、乳酸菌の方が優勢な状態となります。
これによって、下痢などを起こしたり、感染症にかかるのを防ぐことができるようになるのです。
母乳は悪玉菌のエサとなるような成分は含まれていないので、赤ちゃんの腸内はどんどん乳酸菌にとって都合の良い状態になっていきます。

人工乳で育てられている赤ちゃんよりも母乳で育てられた赤ちゃんの方が乳酸菌の数は多いと言われています。
ただし、最近は人工乳にも乳酸菌を含ませるようになっているので、それほど大きな違いはないようです。
それでも母乳を用いて子育てをするということはとても大切なことなので、赤ちゃんにはお母さんが是非ともきちんと母乳を与えるようにしましょう。

乳酸菌の数が不足していると、その赤ちゃんはアレルギーになりやすかったり、アトピーの原因となることもあるようです。
乳酸菌が不足することにより、様々な症状が起こりやすくなるので気をつけましょう。
赤ちゃんを健康的な状態にするためには、まずは母乳をあげることが大切なこととなるのです。
母乳は栄養のバランスが良くて、消化吸収も良いので赤ちゃんの食事としては最適なのです。
母乳で育てようか悩んでいる方は、是非とも母乳を選択しましょう。
また、乳酸菌が多く入った食品乳酸菌が多く入った食品についても知っておきましょう。

このページの先頭へ